クローバー図書館の住人たち

STORY

近代的な町の片隅、丘になっている高台に、そこだけ時の流れに取り残されたような佇まいの、
古い洋館じみた建物があった。もう何年も閉ざされたままのそこは、『クローバー図書館』という名の私設図書館。

幼い頃から本が好きで、いつかは本に携わる仕事がしたい、と思っていた
主人公(相川千紘/あいかわちひろ)はこの『クローバー図書館』で住み込みの管理人として働くことになる。

そこだけ古い写真のような趣の図書館では、その見た目以上に不思議で不可解な出来事が次々と起こる。

開館前の誰もいない筈の図書館で感じる視線、いつの間にか動いている本、ふと窓から覗く大きな大きな影。
そして、夜になるとどこからともなく現れる『昔からの常連』を名乗る者たち。

個性豊かな彼らに囲まれて図書館の開館準備を進める主人公は、立て続けに起こる不可思議な出来事と、
どこか不自然な常連たちの対応に彼らが本当は何者なのかという疑惑と混乱をおさえることができなくなる。

ぶつけた疑問に返された、彼らの答え。

「すみません。黙っていたけれど、私たちは人間では、ありません」
「私たちは、実体は、本なんです」

SHOP

MOVIE